HOME>オススメ情報>アパートを売却するために必要なことは何か?

アパート売却をしたいなら

アパートの売却をしたいなら有利な不動産会社を探して、できるだけ高く売れるように行動することが重要です。

高く売るためのポイント

不動産会社を選びましょう

複数の業者に見積依頼し、有利な業者を探します。

相場価格を知っておくこと

相場価格を知り、適正な売却価格を設定します。

仲介契約の種類を把握する

一般媒介契約か、専任、専属か検討しておきます。

査定価格と売却価格の違い

状況に応じて売却価格を決めることが重要です。

費用に関して情報を得ておく

売却するためにかかる各種費用を抑えること。

不動産譲渡での注意点

男女

不動産を譲渡するときに気を付けることは、譲渡する不動産の大体の価値を知っておくことです。いろいろな目安がありますが、どういった目的で譲渡するのかによって考え方が違ってきます。目安には、例えば、公示価格、相続税評価額、固定資産税評価額、売買事例などがあります。とは言っても、特にアパート売却のような収益物件の譲渡は、必ずしも目安が該当しないことがあります。なぜなら、不動産自体の価値に収益と言う付加価値がついていて、それをどう評価するかという問題があるからです。

不動産譲渡と税金

男性

不動産を譲渡した場合、税金のことを考えなければなりません。これを怠ると、後で思わぬ出費があることがあるからです。不動産を譲渡すると、譲渡価格から取得価格や譲渡に掛かった出費を差し引き、利益が発生した場合、所得税の確定申告が必要になります。ここで言う取得価格とは、土地の場合にはその土地を購入した時の価格です。建物の場合、取得してから譲渡時までの価値の低下を差し引く計算が必要です。減価償却相当額と言われます。一般的には、この形で計算され、利益が発生するか損失となるかは微妙ですが、アパート売却となると収益物件ですから、その収益は譲渡時の計算に反映されず、利益が発生することが多いように思えます。税理士などの専門家に相談するのが良いでしょう。さらに、忘れがちなのは消費税です。事業を行っている場合で消費税の課税事業者は、アパートの建物に関しては消費税が課税される場合があるので注意が必要です。

広告募集中